2011年12月14日14:25

商品イメージを、チラシやフライヤーがそのまま表現してくれいるといいですよね  

パンフレットらぼ_トップ今回のお持ち帰りリーフレットは、携帯ショップにあったリーフレットから、商品の特徴をそのまま表現したもの2点です。


パンフレットらぼ_ひとめでわかる


どちらも大企業が作ったものですから、お金をかけて特徴を出していますが、そんなにお金をかけなくても、商品と同じサイズや商品カラーに合わせた色でリーフレットを作るだけでも、商品を十分表現することはできます。

特に、美容室やマッサージ・整体院などの、サービスを提供するお店は、具体的な商品が無いだけに、逆にイメージを伝えることができるリーフレットを工夫すれば、十分に訴求効果があるはず。

短時間のショートコースを『正方形』の小さなリーフレットで表現したり、同じ内容で一部だけが違うようなサービスなら、変形のリーフレットを色違いで作ってみたりと、アイデア次第です商品の特徴を表現できるはずです。

ganziro

  1. 商品イメージを、チラシやフライヤーがそのまま表現してくれいるといいですよね