2017年02月06日14:04

回数券でお店の個性を主張しよう -変り種回数券-  

回数券作成講座_変り種
回数券の作り方に規定があるわけではありません。
だからこそ、いろいろな回数券を作っちゃいましょう。



お客様が使いたくなる回数券を作る


▼ 型抜きで作る

変り種回数券として一番作られるのが、型抜きを利用した、変わった形の回数券。

型抜きは、型を作る費用と抜く費用とがかかるものの、特殊な加工に比べれば決して高いものではありません。

ただ、形が変わっているので、通常の回数券のようにミシンで区切った5枚綴りのようなシートタイプにすることも、のり付けしたノートタイプにすることもできません。

専用の封筒などを用意して、一定枚数を入れて販売する必要があります。

▼ カード式回数券

変り種回数券として一番作りやすいのはカードタイプの回数券で、スタンプなどで管理する変わりに、シールをはがす形やスクラッチ式にすることで回数券の機能を持たせるもの。

回数券作成講座_変り種-本文中スクラッチ このタイプには遊びの要素を入れることもできて、シールやスクラッチを開けたら特典やサービスが記載されているようなモノも作れます。

▼ 費用対効果を考えた企画が重要

どのような形であれ、変わりだね回数券は通常の回数券を作るよりもコストがかかります。
それだけに、その形が話題になったり使うお客様に喜ばれたりするものを企画しなければならず、宣伝効果までを含めて考える必要があります。

 

回数券の様式

回数券の実例

 

トップ回数券紹介 》 回数券作成講座


回数券作成 | クーポン券作成 | リーフレット作成 | 商品説明 | 注文方法 | 会社概要

2007(c) ganziro's house Co. Ltd.,/All rights reserved.



ganziro

  1. 回数券でお店の個性を主張しよう -変り種回数券-